北岳~間ノ岳 1日目 【2014.9.22-23】


11年越しのリベンジを果たすべく向かった南アルプス。

今回は、優しく穏やかにわたしたちを迎えてくれた。


b0291820_18255859.jpg





11年前。

わたしは、某大学のワンダーフォーゲル部の部員として夏合宿に挑んでいた。

夜叉神峠から入山し、鳳凰三山(薬師岳→観音岳→地蔵ヶ岳)を縦走。

その後、広河原に一旦下りて、そこから北→間ノ→農鳥と縦走予定だった。

今みたいに装備が軽量化される前で、全員28kgほど背負っていて、とにかく重いし、肩が痛いし、という記憶が強い。


そんな夏合宿だったが、北岳直下で台風接近のニュース。

このまま台風をやり過ごして進むか、下山するか・・・

部員全員で話し合った結果、下山する選択をした。

台風直前の北岳は暴風雨で、岩にしがみつきながらやっとの思いで登頂。

もちろん景色など見えず、余裕も無く、必死に風雨に耐えて下山した。



それ以来、「いつかまた、北岳登頂を果たしたい。そして、南アルプスを縦走したい」

そんな気持ちがいつも頭の片隅にあった。

毎年、今年こそ、今年こそと思いつつ、タイミングが悪くてなかなか実現できなかったが、



今秋、やっとリベンジを果たすチャンスがやってきた。



メンバーは、わたしと友人。

甲府で前泊し、朝一のバスで広河原入り。

吊橋を渡る。

b0291820_18270459.jpg

広河原山荘脇の登山道からスタート
b0291820_19073654.jpg
b0291820_19091317.jpg
最初は森の中を進む。

白根御池小屋分岐では、大樺沢の方へ。
b0291820_19123066.jpg
普通の登山道だけど、沢登りみたいになっている。

南アルプスは、本当に水が豊富だ。

何度か橋を渡る。
b0291820_19135722.jpg
2時間半ほどで大樺沢二俣に到着。ここには公衆トイレがある。

ちゃんとトイレットペーパーもあったので驚き。

こんな山の中でペーパーが常備されたトイレがあるということは、本当にすごい。

ありがたいことです。

管理してくれている方々に感謝。


ここから、八本歯のコル方面と、右俣、白根御池小屋方面に分かれる。

わたしたちは、右俣から北岳を目指すことに。

b0291820_19160260.jpg
なかなかの急登もあり。

遠くに鳳凰三山も見える。地蔵ヶ岳のオベリスクもはっきりと確認できた。
b0291820_19325071.jpg
どんどん高度が上がっていく。

時々、こんな梯子もあり。
b0291820_19273085.jpg
高度が上がるにつれて、紅葉も深まる。

b0291820_19340988.jpg
大樺沢二俣から2時間半ほどで小太郎尾根分岐に到着。

仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳が一望できた。

甲斐駒ケ岳
b0291820_19393543.jpg
仙丈ヶ岳
b0291820_19434360.jpg
ここまでくると、あとは稜線歩きで肩の小屋まで。
b0291820_19465301.jpg

気持ちの良い稜線が続く。

周囲の山々が360度見えて、展望が良い。

肩の小屋は、工事中だったが、かなり綺麗になっていた。

900円でラーメンを食べエネルギー補給し、少しばかりの休憩。
b0291820_20181169.jpg

そして、いざ、北岳山頂へ!
b0291820_20043908.jpg
肩の小屋から更に高度を上げ、どんどん登る。

b0291820_19513432.jpg
もうすぐ山頂だ!
b0291820_19534873.jpg
着いた~
b0291820_19543963.jpg
快晴、ほぼ無風。

こんなにも穏やかな山頂は久しぶりだ。
b0291820_19551478.jpg
お地蔵さんに、ここまでの無事を感謝。
b0291820_19583126.jpg
非常に良い天候。

11年前見ることが出来なかった山頂からの景色を、しばし堪能する。

当時の思い出がよみがえってきた。

楽しかったことも、辛かったこともいろいろ。


午後になると、山の天候はガラッと変わる。

少しずつガスが湧いてきたため、今日の宿泊地に向かうことに。
b0291820_20074883.jpg
b0291820_20093969.jpg
b0291820_20110427.jpg
今度はどんどん高度を下げていく。

発生したガスのため、北岳山荘は見えなくなってしまったが、稜線が間ノ岳方面に真っすぐと伸び、美しい。

15時半ごろ北岳山荘テント場に到着。

早速テント設営(800円/人)
b0291820_20181507.jpg
ガスで景色は何も見えないが、

明日の朝晴れていれば、目の前に富士山が見えるはず!と期待が膨らむ。

この日のテント場は20張りほど。

皆、山慣れしている様子で、18時半には完全就寝。

テント場のルールがきちんと守られていて、気持ちよく眠りに着けた。



2日目につづく








[PR]
by takaayanoyamatabi | 2014-09-27 20:51 | 南アルプス

山の記録


by takaaya

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
八ヶ岳
丹沢山系
九州の山
関東近郊の山
東北の山
富士山
gear&tools
雑記
SKI
Climbing
はじめに
未分類

以前の記事

2016年 05月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

フォロー中のブログ

山歩き川歩き
休日登山日記

最新のトラックバック

タグ

(33)
(18)
(16)
(16)
(12)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

気持ちの良いトレイル 宝満..
at 2016-05-05 19:58
尾瀬 燧ヶ岳  【2015...
at 2015-10-14 11:43
秋の立山探訪  【2015...
at 2015-09-30 11:53
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-31 13:00
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-27 12:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧