北岳~間ノ岳 2日目 【2014.9.22-23】


朝、その景色は想像をはるかに超えていた・・・

b0291820_20234823.jpg






3時頃、周囲のテントの物音で目が覚めた。

少しずつ、撤収の準備を始めている音だ。

空はまだ暗く、無数の星が輝いている。
b0291820_21002851.jpg

わたしたちもお湯を沸かし、まずは朝の一杯(カフェラテ)をすする。とても温かい。

テント内は5℃、フライには霜が降りてバリバリになっている。

そんな中、シュラフにもぐり込んだまま出発の準備を進めた。

5時過ぎ、辺りがうっすら明るくなり始めた頃、間ノ岳に向け出発。

今日は間ノ岳ピストンの後に広河原に下山の予定。

テント場にテントや装備をデポし、軽身で間ノ岳を目指す。

テントや装備のデポは最近よくやっているが、本当に楽ちんだ。
b0291820_21154142.jpg
曙に浮かび上がる富士山のシルエットを横目に歩き始めた。

何度見ても、富士山の形は美しい。
b0291820_20242564.jpg
20分ほど間ノ岳方面に歩いた頃に、夜明けを迎えた。

b0291820_20255228.jpg
北岳が朝日で金色に光っている。
b0291820_21164716.jpg
b0291820_20230463.jpg
日が昇り始めると、その後はあっという間。

一気に気温も上昇し、歩いていたわたしたちも軽く汗ばんでくる。

いつも思うが、太陽の威力ってすごい!

明るさと暖かさを与えてくれる。



間ノ岳までは稜線歩きだが、時々アップダウンもあり。

また、道が痩せている部分もあって、「ここで足を滑らせたら谷底に一直線だね」と友人と何度も肝を冷やした。

一歩一歩慎重に進む。

振り返ると、北岳方面からかなり進んできたことに気付いた。
b0291820_21392479.jpg
1時間40分ほど歩いてきて、もうすぐ間ノ岳山頂。
b0291820_21381191.jpg
山頂に到着~
多くの人で賑わっていた。

360度、すべての山が見える。
遠くに見える北アルプス、大キレットや槍ヶ岳、中央アルプス方面も皆で確認し合った。

b0291820_21175927.jpg

写真撮影をし合って20分ほどの滞在。
再び北岳山荘テント場に向かって歩き出した。

1時間ちょっとでテント場に戻り、テント撤収。

最後にお湯を沸かして、富士山を見ながらコーヒーをいただいた。
b0291820_21553789.jpg
ゆっくりコーヒーを飲んで過ごしていると、中高年の男性に声をかけられる。

「八本歯のコルって、こっちでいいんかね?」

地図を出して八本歯のコルまでのルートについて説明すると、

「すんませんね。地図も無くて良く分からんでね」と。

この中高年の男性だけでなく、前日テント場の使用申請のために小屋の受付に行った時も、

若い2人の女性が

「明日は何のプランも考えてなくて…、地図持ってないんですけど、下山口ってどこがあるんですか?そこまで何時間ですか?」

って小屋のお姉さんに聞いていた。

『山に登るのであれば、地図は必携、小屋でルートや天気の情報収集をするのは当たり前、

事前に計画書を作成し、登山届提出は必須』

と思っていたので、この2組の登山者には驚愕だった。

というか、こんな感じで山に登って、本人たちは怖くないのか?

と思ってしまった。うーん・・・



話がそれてしまったが・・・


下山は、八本歯のコルからと決めていたので、

9:00トラバース道に入る。
b0291820_21184516.jpg
最初はやや緩やかな登り。

振り返ると間ノ岳までの稜線がはっきりと見えた。
b0291820_21193833.jpg
やや高度を上げてからトラバース。

今にも折れそうな、丸太の梯子がかけてあるのだが、

けっこう、いや、かなり高度感と恐怖感あり!
b0291820_21220094.jpg

b0291820_21194543.jpg
ここを通過するときは、ストックをしまっておいた方が良いと思った。

30-40分ほどこのような丸太梯子が続き、
吊尾根分岐に出る。
b0291820_21210661.jpg
ここを広河原方面へ。
b0291820_22202583.jpg
岩場を下っていく。時々梯子もあり。
30分ほどで八本歯のコル到着。
b0291820_22232426.jpg
ここからが、なかなかの急下降。
ということは、登りの人にとっては急登。
わたし、登りが八本歯のコルからだったら、絶対に挫けてたなー
b0291820_22562004.jpg
左手に北岳バットレスを見ながら下る。
バットレスを登るクライマーは居なかった。
最近クライミングをやっているので、どのように登っているのか興味があったのだが見れず残念。
b0291820_22510690.jpg
いくつ丸太梯子を下ったか分からないぐらい下って、
ようやく梯子が無くなったと思ったら、すごく滑りやすい砂地の急下降。
転ばないように、必死に足を踏ん張ったので、普段出来ない靴ずれが出来てしまった。

八本歯のコルからの下りにかなり時間がかかったが、
大樺沢二俣まで来ると、後は順調に進めた。

14:10広河原着。

歩き続けてクタクタになったが、
南アルプス縦走の目標を果たし、
とても充実した2日間だった。

下山直後、どうしても炭酸が飲みたくなって、インフォメーションセンターの自販機でC.C.レモンを購入。
500mlペットボトルで220円、とても高かったが
喉を潤した時の味は格別だった。





[PR]
by takaayanoyamatabi | 2014-09-29 23:24 | 南アルプス

山の記録


by takaaya

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
八ヶ岳
丹沢山系
九州の山
関東近郊の山
東北の山
富士山
gear&tools
雑記
SKI
Climbing
はじめに
未分類

以前の記事

2016年 05月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

フォロー中のブログ

山歩き川歩き
休日登山日記

最新のトラックバック

タグ

(33)
(18)
(16)
(16)
(12)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

気持ちの良いトレイル 宝満..
at 2016-05-05 19:58
尾瀬 燧ヶ岳  【2015...
at 2015-10-14 11:43
秋の立山探訪  【2015...
at 2015-09-30 11:53
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-31 13:00
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-27 12:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧