冬山のレイヤリング


冬山でとっても重要な「レイヤリング」

とは言え、それがなかなか難しい・・・

自分の命を守るためにも、レイヤリングシステムについて学び、

山域や天候、自分の身体能力を考慮した選択ができるようになりたいものです。


b0291820_13562226.jpg







レイヤリングを間違えると、汗冷えや急な天候悪化で低体温症になってしまったり、凍傷になってしまう恐れがあります。

命に直結すると言っても過言ではありません。

わたしは、Patagoniaのレイヤリングシステムを参考にしています。

というのも、理にかなっていて無駄がないなぁと。

ただ、わたしのお給料でPatagoniaはなかなか買えないので、それ相当のものを探して使用しています。

今回、冬の鳳凰三山に登ってテント泊してみて、色々と思ったところがありましたので、反省点も含め備忘録として記したいと思います。

あくまでも、天候が良い時の一例だと思って読んでください。


まずは【行動中編】

1.ベースレイヤー
肌に近いところから・・・
①finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ
      →山ヤの誰もが知っている(そして着ている)ベースレイヤーのベース。ド定番。
②ibex Woolies 220 Crew
      →山域、天候によっては200でもOK。やはりメリノウールは冷えなくてよい。
b0291820_12451954.jpg
③mont-bell スーパーメリノウールEXP.タイツ


2.ミッドレイヤー
①THE NORTH FACE KHUMB HOODIE
          →Patagoniaで言うR1のような。これ、1年中使えますよ。
b0291820_12411357.jpg
②finetrack ドラウトクローパンツ
       →流石finetrackと思った逸品。汗と蒸れをすばやく処理してくれる。暖かさも◎。
b0291820_13372707.jpg
3.アウター
①THE NORTH FACE アマダブラムジャケット
②THE NORTH FACE アマダブラムパンツ
   →GORE-TEXのハードシェル上下。

行動時は以上です。

歩いていると暑いけれど、休憩中や樹林帯を抜けたときに寒いので、フラッドラッシュスキンメッシュではなくてアクティブスキンでも良いと思います。finetrackのHPでも冬山ではアクティブスキンをお勧めしていますね。

晴れていれば、樹林帯ではハードシェル不要です。樹林帯は風の通りが少ないので。
GORE-TEXと言えども蒸れます。汗と蒸れ処理には絶対ソフトシェル!冬山で使えるソフトシェルを探そうと思いました。

3シーズンの雨具は×。稜線上に出ると、状況は一変します。突如暴風にさらされたり。雨具着てた仲間がかなり寒そうでした。

休憩のために2-3分止まっただけですぐに寒くなるので、あまりに薄着だと×。
こういう時に、すぐ着脱できる化繊のインサレーションとかあったら良いんだろうなと思いました。

<理想>
ベースレイヤー、ミッドレイヤーの上にソフトシェル。休憩中に化繊インサレーション。
稜線上や樹林帯を抜けたらハードシェル。



次は、【テント生活編】

持っていった防寒着
①MUMMUT ATLAS Fooded DownⅡ(830FP) →厳冬期用ダウン
②THE NORTH FACE Versa Air Grid Jacket →厚手フリース(Patagoniaで言うR2ぐらい)
③Phenix  marvel peak tent shoes →テントシューズ(象足とも言う)
④MOUNTAIN EQIOMENT Powder Pant 70 →ダウンパンツ

テントシューズとダウンパンツは持って行って正解。
絶対に必要かと言われると、「あれば便利」というものなので、その人の意見によるのだろうけど、
持っていなかった人が「やっぱり欲しい」と言っていました。

ダウンパンツを購入するときには、どんなデザインのものが使い勝手が良いのかと色々と迷いましたが、
結局はシンプルイズベストかなと。
確かに、両脇にジッパーがついていて靴を履いたまま着脱できるものは便利かもしれませんが、わたしはとくに不便を感じませんでした。

あと、②の厚手フリースは使いませんでした。
なぜかと言うと、テント内が意外と暖かかったのと、テント内の天井から落ちてくる結露がすごくて、防寒着(ダウン)を守るために寝るとき以外はハードシェルをずっと着ていたから。
830FPのダウンの上にハードシェルを着ると、かなり暖かいです。というか、火を焚くと暑いです。もう少し薄手のダウンでも良かったかも。何人テントかにもよると思いますので、ソロや2人程度の場合は薄手だと寒いです。
もしくは、最近増えてきた撥水処理されたダウンや、化繊とのハイブリッドという選択肢もありだなと。

<理想>
ミッドレイヤーの上に撥水処理されたダウン、または化繊とのハイブリッドを上下着る。さらにテントシューズを履く。



次回、ギア編につづく・・・


[PR]
by takaayanoyamatabi | 2015-01-09 19:41 | gear&tools

山の記録


by takaaya

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
八ヶ岳
丹沢山系
九州の山
関東近郊の山
東北の山
富士山
gear&tools
雑記
SKI
Climbing
はじめに
未分類

以前の記事

2016年 05月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

フォロー中のブログ

山歩き川歩き
休日登山日記

最新のトラックバック

タグ

(33)
(18)
(16)
(16)
(12)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

気持ちの良いトレイル 宝満..
at 2016-05-05 19:58
尾瀬 燧ヶ岳  【2015...
at 2015-10-14 11:43
秋の立山探訪  【2015...
at 2015-09-30 11:53
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-31 13:00
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-27 12:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧