山深い!!南アルプス聖岳~赤石岳 1日目 【2015.8.22-24】


百名山ハンターの先輩と、南アルプス南部の深い深い山へ。

b0291820_11443154.jpg





大学時代の先輩から「久しぶりに、一緒に山行かない?」と

思わぬ嬉しいお誘いを受けた。

当初の計画では、椹島に前泊して赤石岳→聖岳方面に縦走の予定だったが、

前日に椹島入りできないというハプニングあり。

椹島まで行くには、畑薙ダムの夏期臨時駐車場に15:30までに到着しなければならないのだが、

事故渋滞などで大幅に遅れ、19時直前にやっと手前の赤石温泉白樺荘に到着した。

仕方がないので、白樺荘でお世話になることに。
b0291820_10043856.jpg
予約していなかったので、夕飯は出せないとのこと。

おにぎりでも何でも良いので何かないですか?って聞いたら、カップ麺はあると。

お腹が空いているので、もうこの際なんでもいい。

お湯は自由に貰えるので、カップ麺を作って部屋で食べた。

部屋は新しくてキレイ。
b0291820_10051127.jpg
温泉もあり、ややぬるぬるする泉質で、肌すべすべ!

docomoのスマホで調べ物をしようとしたら電波なし。白樺荘はsoftbankしか通じないらしい。

この世の中でdocomoの電波が届かない場所がまだあったんだと驚き。

それだけ山奥に来たということかな。でもsoftbankの電波はあるってすごい。

翌日に備えて早め就寝、すべて準備をして眠りについた。



6:00起床

6:00から温泉に入れるので、熱いお湯を浴びて頭を覚醒させる。

7:00の朝食を食べて、7:40に白樺荘を出発した。
b0291820_10055913.jpg
夏期臨時駐車場まで10分弱。車が30台ほど停まっていた。

土日だけど、全然人がいない。

噂に聞いた通り、南アルプス南部は人が少ないみたいだ。
b0291820_10075468.jpg
8:00発の東海フォレストバスに乗り込む。わたしたち含めて7名。乗るときに3000円を支払い、どこで降りるのかを伝える。

b0291820_10165774.jpg
他のブロガーさんも書いているし、山の本にも書いているが、マイカーで畑薙ダムまで来て椹島方面に行くためには、東海フォレストのバスに乗るか、井川観光協会のバスに乗るしかない。

しかし、それぞれ一日の本数は少なく、バスに乗るための条件が色々とある。

わたしたちは、聖平小屋でテント泊したかったので、東海フォレストのバスに乗るしかなかった。

なんてアクセスが悪いんだ!!




「これから先、悪路なので、ガラスに頭ぶつけたりしないよう気を付けてください」とアナウンスされたが、

本当に悪路で、何度かお尻が宙に浮いた。

40分ほどで聖沢登山口に到着。
b0291820_10165628.jpg
この登山口で降りたのは、わたしたち2人だけだった。

人が少ないのは、静かな山歩きが出来て良いが、少なすぎるとちょっと不安になる。

クマ出没注意の看板もあり、それがさらに不安を煽る。

熊鈴付けて、先輩と気合を入れて、いざ森の奥へ。

最初は、杉林の九十九折りの道を進む。30分で汗が噴き出てきた。

聖平から下山してきた人、4-5人とすれ違った。

「今日はテレビの撮影隊がいたよ。TBSの山番組らしい」

そんな事をあいさつ代わりにしゃべったりした。




途中、1人だけソロの男性に追い越されたが、それ以降二人だけで進んだ。

ちょっとした不安(熊さんとバッタリ鉢合わせ)は、大声でしゃべってかき消した。
b0291820_10312908.jpg
吊り橋が見えてきた。ん?聖沢吊橋かな?
b0291820_10313085.jpg
そう、このルートはほとんど道標がない。

吊橋の名前も書いていなかったので、位置的や時間的にそうじゃないかと先輩と話す。

この辺りで「道標がたくさんある北アルプスのようにはいかないんだ」ということに気づく。

2-3か所ぐらいだけこんな道標があったが。
b0291820_10343623.jpg

この先、聖平小屋までほとんど道標が無かったため、わたしと先輩は地図と地形をにらめっこしながら必死に読図する羽目になる。

南アルプス南部は「本当に山好きな人か百名山ハンターしか来ない」とは聞いていたが、その通りだと思った。


所々、沢があって気持ちいい。水が豊富。
b0291820_10343307.jpg
b0291820_10355708.jpg
飲んでみると、非常にまろやかで癖がなくて美味しかった。

少しずつ高度が上がり、右手には聖岳方面も見えてきた。
b0291820_10445366.jpg
天気は良いが、ほとんど樹林帯の中なので、

直射日光には当たらずに済んだ。

5時間ぐらい森の中を歩いて、やっと2つ目の吊橋。

このあたりはアップダウンはあまりなく、トラバース。
b0291820_10445600.jpg
ここまでくれば、あと1時間半ほど。

ガレた道とお花畑を過ぎて、少し下ると沢に出る。

橋を渡って沢沿いのぬかるみ地帯を進むと、「←聖平小屋」の橋が!
b0291820_10562307.jpg
ここから10分ほどで聖平小屋に到着~
b0291820_11392304.jpg
おぉ、意外と人がいる!これまで全く人に会わなかったのにね。

テントは20張ほど。
b0291820_12415496.jpg

聖平小屋の受付でテントの申請をしていると、「これ、サービスなのでどうぞ」と

フルーツポンチを差し出された。
b0291820_10562193.jpg
「美味し~、体に沁みる~!」

先輩と二人感動!本当に疲れた体に効いた。

ありがたやありがたや。


テント設営したら、ひとまず休憩
b0291820_11443226.jpg
二人でカフェラテをすすっていると、テレビの撮影隊が!

撮影の様子をしばし見学。
b0291820_11392495.jpg
へぇ~いつもテレビで見ている山番組って、こんな感じで撮影されていたのか。

重そうなカメラ、背負ってくるの大変だろうねなんて話をしながら観ていたが、

撮影は15分ほどで終わり、聖平小屋へ撤収していった。


一休みした後は、docomoの電波を求めて木道のほうへ。

この木道、雑誌で見たことあったが、雰囲気があって本当に絵になる。
b0291820_11443154.jpg
目の前には聖岳!

先輩とテンションがあがって写真を撮りまくった。

docomoの電波は、木道を過ぎてちょっとだけ茶臼岳方面に行ったところで4本立った。

天気をヤマテンで確認すると、明日明後日は、時々霧はあるもののほぼ晴れマーク!

思わず先輩とガッツポーズ。

18:00すぎに夕飯を済ませたら、明日以降の計画を話しながら眠りについた。




ちなみに、auとsoftbankは電波届かないそうです~




2日目につづく・・・



[PR]
by takaayanoyamatabi | 2015-08-25 13:10 | 南アルプス

山の記録


by takaaya

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
北アルプス
中央アルプス
南アルプス
八ヶ岳
丹沢山系
九州の山
関東近郊の山
東北の山
富士山
gear&tools
雑記
SKI
Climbing
はじめに
未分類

以前の記事

2016年 05月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

フォロー中のブログ

山歩き川歩き
休日登山日記

最新のトラックバック

タグ

(33)
(18)
(16)
(16)
(12)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

気持ちの良いトレイル 宝満..
at 2016-05-05 19:58
尾瀬 燧ヶ岳  【2015...
at 2015-10-14 11:43
秋の立山探訪  【2015...
at 2015-09-30 11:53
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-31 13:00
山深い!!南アルプス聖岳~赤..
at 2015-08-27 12:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧